現代人と薄毛

薄毛を気にしている男性は全国で三人に一人いると言われています。
男性でも身だしなみを気にする事の増えた現代では、仕事や街などで他人と接する機会の多い人はなおさら薄毛が気になり、悩みにまで発展してしまう事もあります。

実際のところ薄毛には怪我や病気のようなはっきりとした定義がありません。
こういう数値が出たからあなたは薄毛ですという診断はなく、気にするほど薄毛ではないと医師に言われても、薄毛を気にしている本人が自分は薄毛だと思ったら薄毛になってしまう状態です。

自分は薄毛であると認識している人は年齢が高くなるほど多く、薄毛になる原因の一つとして老化現象があるという事がうかがえます。
薄毛には個人差がありますので、老化現象として年相応の頭髪でも周りにいる同世代の男性が自分よりもふさふさだったりする場合があり、自分の薄毛をますます気にしてしまう人もいます。

そして現在は年齢の高い人だけの問題ではありません、現在は薄毛ではないけれど、将来は薄毛になるかもしれないという不安を抱える若者もおり、将来の事を気に病むほど薄毛は男性にとって特殊な存在になっているという事が分かります。

主観の違いはありますが、現代人は特に薄毛に対して敏感になっています、人によっては視線を感じただけで自分の薄毛を笑っているのではないかと感じてしまう事もあるほどです。
被害妄想などの行き過ぎた考えは心の問題である可能性もありますので、薄毛に関して苦しい思いがある場合は人に相談したり、専門家や医師を訪ねる事も考えてみましょう。